*

心の動揺をエネルギッシュな声に変える方法

話声プログラム
Warning: Missing argument 1 for get_the_term_list(), called in /home/users/0/blush.jp-wa-voice/web/wp-content/themes/wa-voice/content-single.php on line 5 and defined in /home/users/0/blush.jp-wa-voice/web/wp-includes/category-template.php on line 1392

Warning: Missing argument 2 for get_the_term_list(), called in /home/users/0/blush.jp-wa-voice/web/wp-content/themes/wa-voice/content-single.php on line 5 and defined in /home/users/0/blush.jp-wa-voice/web/wp-includes/category-template.php on line 1392

こんにちわ、voiceコンサルタントの要永です!

私はMCの仕事を22年やっています。その中で緊張しないでしょー?ってよく聞かれるんです。
そんな事は全くありません。
緊張もすれば心が動揺する事だってあるんです。

でも大切なのはそれを味方に付けるって事。

 

味方に付けた時の判断や頭の回転は半端なくうまくやってくれます。

 

この方法は人が皆んな持っている身体の機能です。でもほとんどの方が意図的には使っていないものです。

 

・プレゼンで、重たい空気に押され胸が締め付けられる。
・大勢の前で挨拶をする時、息苦しくなる。

といった方は是非試してください。

もしこの方法を身につけたなら、きっと一目置かれる存在になれますよ!
その方法をお伝えする前に少し理解して頂きたい事があります。

心に動揺が走る場合、その多くは準備・整理に対する不安が引き金になります。
身体は予測反応を起こすために脳信号へ不安信号を送ります。
これは危険から身を守るために人が持っている機能です。
経験がないと、これに左右され不安が心の動揺に発展します。

身体はまず、自分の身体を守ろうと働き始めるのです。

では、本題。

心に走った動揺を程よい緊張に変えエネルギッシュな声にする方法。
その魔法、実は「呼吸」なんです。

呼吸!?そんなわけないでしょ!と思うでしょう。
でも、この呼吸が身体に沢山の魔法をかけてくれるんです。
呼吸=腹式呼吸と連想される方も多いはず。でもそんな形に拘る必要は全くありません。
だって、私たち24時間365日呼吸をしながら生きてますよね?
例えば経験があるものでこれだったら大丈夫と思える場面で、胸が締め付けられたり、息苦しくなったりしますか?
その時の呼吸は、きっといつもと同じでしょう。
では、未経験なものをする時はいかがでしょうか。
いつもより呼吸は浅く、一生懸命呼吸をしていませんか?
こんな時はゆっくり今の呼吸の流れを観察してください。
浅くても深くてもどちらも正解でも不正解でもありません。それが今の呼吸なのです。無理に大きく吸い込んだり吐いたりしないでください。単に身体の中に流れる呼吸を観察するだけです。

いつもどおりではない事に反応する身体。
身体は危険から守ろうとしているのですから、それを無理に正常になれ、と暗示をかけても無理な事。
今の呼吸でどれくらい緊張しているのかを単に確かめるのです。
ただそれだけ。簡単でしょ?

人は、「落ちつけ~」と言われても落ち着く事はたやすくありません。
でも「なるようになるよ」と背中を撫でられたらそうだよね、と納得しませんか?
これは、自分がどんな状態かを分かってもらえた承認の安心信号が出るのです。
それに対して「落ちつけ~」と言われたら、そんな事言われても…となりませんか?

人は気持ちを汲んでほしいのです。
それは、身体も同じこと。
呼吸を確認する事で、どれくらい動揺しているかに気づく。
予想以上の動揺であれば、ここに納得いく言葉をかけていく。

・やるべき事はやった
・今ある以上は出てこない
・足りないところはきっと沢山ある。今ある100%を出していこう
不安はキャパ以上の事から生まれ動揺を呼びます。
だから、背伸びをしない・低く見積もらない、自分を自分で査定した正直な言葉を呼吸にのせてください。
準備が中途半端であれば、それをしっかり認める事も大切。後悔は不安に繋がります。
ただこの方法は、いざという時だけ使おうとしても結果を出してくれません。
日頃から自分の呼吸を観察する習慣が大切です。
しかもどんな場所でも呼吸の確認なんてすぐに出来ますよね。
このページを閉じる前に、今身体の中にはどんな呼吸が流れているのか、確認してください。
もう一度言いますが、どんな流れの呼吸も正解・不正解はありません。ただ確認するだけです。意識的に大きく吸ったり吐いたりもしないでください。
ただ身体の中に流れている呼吸を感じるだけです。
これを意識的に日常感じるだけで、動揺から解放されます。
_IGP7052(ぼかし済み)場面場面によって変わって行く呼吸のリズムを今すぐ感じてみましょう!


Thanks for your reading!

話すときの緊張はどこからくるのか 想いがなかなか伝わらないもど...