*

早口で話しが伝わらない人が説得力を持つ方法

話声プログラム
Warning: Missing argument 1 for get_the_term_list(), called in /home/users/0/blush.jp-wa-voice/web/wp-content/themes/wa-voice/content-single.php on line 5 and defined in /home/users/0/blush.jp-wa-voice/web/wp-includes/category-template.php on line 1392

Warning: Missing argument 2 for get_the_term_list(), called in /home/users/0/blush.jp-wa-voice/web/wp-content/themes/wa-voice/content-single.php on line 5 and defined in /home/users/0/blush.jp-wa-voice/web/wp-includes/category-template.php on line 1392

こんにちは、Voiceコンサルタントの要永です!!

 

先日、ドイツから来日したSabineのトレーニングを受けてきました。
身体と終始向き合う時間、3日間。
本当に幸せで、心地よい時間になりました。

トレーニングを受けながらふとこんな言葉が降りてきました。
「時間の使い方は命の使い方」
あ~なるほど~!!!!!

この言葉の本質がどしっと降りてきたのです。言葉って本当に深いですね♩
さて、本題です!

「早口になってしまい、何を話しているのか分からないと言われる人」
ついつい早口になって分かっているのに…、また何も伝わらなかった…と思ってしまう方は読んでください。
これに納得したら、早口になんてなれないし、早口どころか説得力まで変えてしまいます。
「時間の使い方は命の使い方」
この言葉を皆さんどう理解されていますか?
私は今まで、この世を去るまでの時間をどう過ごすのか。時間と命は比例している。
という理解まででした。
でも、このやり方を間違ってしまうと、命を削る事にもなるという事に最近気付いてきました。
理想を追い、疲れ果てて倒れてしまってはいけません。

例えば話し方も同じで…
・きれいな言葉を並べ計算しても、その言葉を使わないと次の言葉が出てこない状態で心臓に悪い。

・計算した分、言い忘れた事が見つかると失敗と認識してしまい落ち込んでしまう。
そんな人は、次に同じように話す場面が来ると、また同じ事をしないかと心配してしまう。いわゆる、心臓・身体に悪い、命を削った話し方をしているのです。
以前の投稿にも書きましたが、人は呼吸をして生きています。
私たちはこの世に生み出されたらまず呼吸をし泣きます。
この世を去る時も、声がなくなり呼吸が静かに消える。

命はこの呼吸で動かされ、止まるのです。
呼吸で動き始めた命は、鼓動を生み時を刻みます。鼓動って秒針のようですよね。
動揺すればこの鼓動は不安定な動きを始めます。
安心すればこの鼓動は、穏やかな動きを始めます。

この呼吸を日常からどう使うか。
これが時間の使い方であり、命の使い方だと深いところで納得したのです。
人生に置き換えるとスケールが大きくなり分かりにくいかと思います。
話す場面に置き換えると、与えられた30分という発表時間を、どんな呼吸のリズムでいれば良いかを考える。
例えば、楽しい事を伝える内容であれば、楽しい時はどんな呼吸でいるかを身体で思い出してその呼吸になってください。

真剣に伝えたい時は、自分が真剣になったらどんな呼吸のリズムでいるのか。

こんな風に、計算・頭ではなく日常の24時間、自分にどんな呼吸のリズムがあるのか思い出した時観察してみてください。

この呼吸リズムの蓄積があれば、早口になる事はありません。

だって日常で早口になる人。
嘘をついている時、焦っている時、急いでいる時、弁解したい時、自分をごまかしたい時。

いろいろありますが、あまり人には伝えたくないリズムですよね。

ゆっくり話そうと思っても難しいもの。
でもそのリズムが与える印象が上記のようになると知ったら、欲しいリズムが生活の中のどこにあるのか知りたくはなりませんか?
与えられた時間、あなたの命を動かしている呼吸を意識すれば、あなたの命は輝きを増します!

そして、大きく人生で捉えたとしても、どんな呼吸で毎日すごしたいかを考えてみてください。

私は穏やかな呼吸のリズムをメインに、時にワクワク・静かに・アクティブな呼吸を織り交ぜて生きていきたいと思います。
全てはその呼吸のバランスがあなたの命を輝かせます。

あなたは今どんな呼吸でこの文章を読み終わりましたか?
観察してみましょう。

o0480067213262212923


Thanks for your reading!

話しが飛んでしまい後悔してし... なかなか伝わらない話に信憑性...