*

ふにゃふにゃした話し方どうにかならない?

話声プログラム
Warning: Missing argument 1 for get_the_term_list(), called in /home/users/0/blush.jp-wa-voice/web/wp-content/themes/wa-voice/content-single.php on line 5 and defined in /home/users/0/blush.jp-wa-voice/web/wp-includes/category-template.php on line 1392

Warning: Missing argument 2 for get_the_term_list(), called in /home/users/0/blush.jp-wa-voice/web/wp-content/themes/wa-voice/content-single.php on line 5 and defined in /home/users/0/blush.jp-wa-voice/web/wp-includes/category-template.php on line 1392

こんにちわ、Voiceコンサルタントの要永です!!
骨格から導き出す声質タイプで、その人らしい声・話し方をプロデュースしています。
今回は「自分の声に張りを感じる事が出来ず、ふにゃふにゃした話し方になる事にコンプレックスを持っている人」の対処法です。
先日もちょっとした日常の光景から書きましたが

声はその人のバロメーター
*いい事があれば、明るい声で話してくれます
 
*あまりうまくいってない場合は、声に張りがありません。

ただ、本人はいつもと同じように話している。なのに聞いている人は確実にその違いを聞き分ける事ができますグッド!

これはどこから起こってくるでしょう?

自分の声に張りを感じる事が出来ず、ふにゃふにゃした話し方になる事にコンプレックスを持っている人

 
 

このコンプレックス


・自信が持てない

・わたしなんて

・また何か言われる
 

何かをきっかけにこのコンプレックスは産まれています

その感情を筋肉が記憶し、そして呼吸を乱します

上手くいかない連動は、苦手意識ではなく、身体が記憶している過去体験です。

幸い、筋肉は動かせば動かすほど、感情を放出してくれます。

・運動したあと

・岩盤浴などで汗をかいたあと
・ストレッチをしたあと

など、筋肉が動いた後は気分もすっきりしませんか?

ちょっと気分が落ちている時、そんな場合でも話す事は日常不可欠です。

調子悪いなぁ、おちてるなぁ、と感じたら、まずは顔の百面相。ストレッチ。

何でもいいので、筋肉を動かしましょう。

話しながらでもいつもより口を大きく開いてみたり。
すると、いつの間にか調子悪かった事も忘れるくらい、いつも通りに話していますよ。

この手法を繰り返していくうちに、苦手だったものは気にならなくなります。

筋肉が動き出せば、呼吸が豊かになる。

呼吸が豊かになれば、声も乗りやすくなる音譜

呼吸に音を乗せて話せる快感を掴んだら、それを楽しんでくださいね。

ふにゃふにゃした話し方はいつの間にか張りのある話し方になっていきますよウインク
IMG_0358

Thanks for your reading!

声がバロメーターになる